ページの先頭へ
事業化をお考えの方に

事業化について

このような方々にソリューションを提供してきました。

事業化事例

1ファミリーマンションからの転換

A社がファミリーマンション用地として土地取得後、周辺で想定外の競合物件が多数発売。 供給過多による多くの完成在庫発生、価格競争により周辺市場が不透明となり事業凍結していたが、 新規事業としてマスターズマンションで事業化。

2再開発

当初、大規模商業施設と公共施設ファミリーマンションで再開発計画がなされたが、経済状況の悪化により商業施設の規模が大幅に縮小された。
立地的にファミリーマンションの市場規模にも限界があった為、ファミリーマンションとの競合が少ないマスターズマンションを事業化。

3事業再生

大規模高額終身利用権型有料老人ホームとして建設運営されていたが、入居率が1割程度と非常に低い状況で推移しており、経営的に苦しい状況となっていた。
この建物の一部を老人ホームとして残した上で、他の部屋を高齢者向け分譲マンションに用途を変更し、複合施設としての運営スキームを整理し分譲。

事業化をお考えの方はお問い合わせください 事業化についてのご質問のある方、ご検討中の方はこちらのメールフォームからお気軽にお問い合わせください。

高齢期の住み替え推進協議会とは

私たちの理念

高齢期の住み替え推進協議会の組織・活動について

会員企業一覧

COPYRIGHT(c) Relocation Promotion Council of the elderly. ALL RIGHTS RESERVED.